あ ぜん JAPAN ブログ KYOTO〜NEW YORK

ZENのこころ一筋に、日本から世界へ
匠の言葉… 井手 英善 先生 歯が教える 食べ物の摂り方
0

    New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

     

    ___________________________________

    (井手 英善 先生 プロフィール)

    かんぽう堂 はり灸食養道場 院長

    はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

    脉鍼流経絡治療鍼灸師。

    食養療法処方師。

     

    1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

    1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
        東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

    1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
        食養療法を6年間学ぶ。

    2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

     

    ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

       私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

       送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

     身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。
    _________________________________________

     

    私たち人間と同じ仲間の哺乳動物に、草食動物と肉食動物がいます。

    草食動物・肉食動物 それぞれ食べ物が違い、歯の形が違っています。

     

    肉食動物には 肉を食いちぎる歯しかなく、野菜を食べる歯は持っていません。

    肉食動物に 野菜を与えても消化出来ません。

     

    草食動物には、草を食いちぎる歯と穀類をすり潰す歯しかありません。

    肉を食いちぎる歯を持たない牛に、肉骨粉をあたえ狂牛病が発生しました。

     

    人間の歯は、上下32本あり その割合は

    「穀類を食べる歯10本・野菜を食べる歯4本・肉魚を食べる歯2本」

    なっています。

     

    草食動物として生まれた人間は、動物性食品は摂らなくても全く問題は

    ありません。摂るなら畑の肉(大豆)で十分です。

     

    今世界の健康食として注目されている「和食」は、

    この歯の形にあった食バランスになっています。

     

    日本人が、和食中心の食事をしていた 昭和30年代までは、

    花粉症やアレルギー、そのほかの現代病は無く、

    今よりもっと 体力があり元気でした。

     

    人間は約600万年前、チンパンジーから別れ、

    草食動物として誕生したことが、DNAの研究で証明されています。

     

    化学分析された現代栄養学も大事だとは思いますが、

    私は先人の生活の中から生まれた(歯の形にあった食事バランス)

    経験栄養学を大事にしたいと思っています。

     

    ( 井手 英善 )

    | 【匠の言葉】 NEW! | 13:18 | comments(0) | - |
    匠の言葉… 井手 英善 先生 日本人の体力の元は 「ごはん」
    0

      New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

       

      ________________________________________

      (井手 英善 先生 プロフィール)

      かんぽう堂 はり灸食養道場 院長

      はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

      脉鍼流経絡治療鍼灸師。

      食養療法処方師。

       

      1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

      1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
          東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

      1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
          食養療法を6年間学ぶ。

      2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

       

      ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

         私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

         送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

       身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。
      _________________________________________
       

      日本人の体力の元は、「 ごはん 」 

       「 飯を食い込みきらん者は、仕事はできん 」

       

      これは、身体を使って農業をしてきた、

      明治生まれのじいちゃん達から、治療室で良く聞いた言葉です。

       

      医師は今、口を開けば健康のために糖分の多い ご飯を減らせと、

      じいちゃんとは真逆のことを、言っています。

       

      日本人は終戦時、栄養失調状態にあり、

      戦後農業技術の進歩によって米の生産量が上がり、

      これにともなって、日本人の体力も向上しました。

       

      ごはんをもっとも食べた 昭和47年に体力は最高となり

      (若者と成人では 78年のズレがある)

      日本人の米離れから、この年から減反政策が始まり、

      米の消費は年々低下し、いま 最低。

       

      体力も米の消費減少に比例して低下し、

      この 60数年の歴史のなかで、いま 最低。

       

      病気に対する抵抗力、子供の勉学能力を高めるのも体力、

      体力がなければ、抵抗力も能力も上がらない。

       

      先の、平昌オリンピックで怪我をおし、金メダルを取った羽生選手は、

      体力を付けるために、パスタなどの粉ものではなく、

      ごはんを しっかり食べていると言っています。

       

      農耕民族の日本人の体力をつけるのは「ごはん」

      健康な身体を築くために、良質の糖分を含む ごはんをしっかり摂り、

       

      調味料の砂糖やハチミツ、糖分の多いコ−ヒ−、ジュ−ス、チョコレ−ト、

      アイスクリ−ム、ケ−キなどを減らすことが、大事と考えます。

       

      ( 井手 英善 )

      | 【匠の言葉】 NEW! | 16:55 | comments(0) | - |
      匠の言葉… 堤 公博 先生 土壌微生物
      0

        ____________________________________________________________

         

        (堤 公博 先生 プロフィール)

        米づくり農家。米・食味鑑定士。九州 米粉食品普及推進協議会会長。
        水田・環境鑑定士。食育デザイナー。有機農業アドバイザー。

         

        ◆スローフードで有機農業。食の安全性の推進。農業の6次産業化推進。
        健康食・介護食・子供の食育推進。就農者への実践・研修推進など。

        ____________________________________________________________

         

        ※あぜんの雑穀を、長年作って頂いています。農作物を作るのに大切なのは、土作りです。

         年月を掛けて土を育てていく様子や、畑のこと、食に関することを、お話し頂きます。

         

         

         

         

         

         

         

         

        微生物の 住み家作り、

         

        もみ殻を 燻炭にして、

         

        微生物の いっぱいな

         

        ふかふかの 田んぼにします。
        ( 堤 公博 )

        | 【匠の言葉】 NEW! | 14:01 | comments(0) | - |
        匠の言葉… 井手 英善 先生 〃鮃食材 よもぎ
        0

          New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

           

          ____________________________________________________________

           

          (井手 英善 先生 プロフィール)

          かんぽう堂 はり灸食養道場 院長

          はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

          脉鍼流経絡治療鍼灸師。

          食養療法処方師。

           

          1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

          1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
               東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

          1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
               食養療法を6年間学ぶ。

          2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

           

          ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

             私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

           送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

           身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

           

          ____________________________________________________________

          「 春に食べる よもぎ餅 」

           

          よもぎは 約1500年前、聖徳太子によって仏教と共に、

          はり灸も入ってきました。

          よもぎはもぐさの、材料として持ち込まれ、いま 全国に自生しています。

           

           

          36日は 啓蟄、冬眠っていた虫が目を覚まし

          活動を始める頃と言われています。

          身体の中の虫も、活動を活発にします。

           

          よもぎは虫下し、よもぎ餅、よもぎの天ぷらで、健康生活を送りましょう。

          よもぎには、薬効成分が豊富で、茹でたよもぎを乾燥させ粉末にして、

          毎日ひとつまみ摂れば、ガンの予防、抗がん剤となります。

           

          井手 英善 )

           

          | 【匠の言葉】 NEW! | 09:00 | comments(0) | - |
          CALENDAR
          S M T W T F S
          1234567
          891011121314
          15161718192021
          22232425262728
          2930     
          << April 2018 >>
          SELECTED ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          RECENT COMMENT
          モバイル
          qrcode
          PROFILE