あ ぜん JAPAN ブログ KYOTO〜NEW YORK

ZENのこころ一筋に、日本から世界へ
匠の言葉… 井手 英善 先生 ヂ格圈仝こり、腰痛、膝関節痛は不良姿勢から
0

    New!【 匠の言葉あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

     

     ________________________________________

    (井手 英善 先生 プロフィール)

    かんぽう堂 はり灸食養道場 院長

    はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

    脉鍼流経絡治療鍼灸師。

    食養療法処方師。

     

    1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

    1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
        東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

    1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
        食養療法を6年間学ぶ。

    2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

     

    ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

       私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

       送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

     身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

     

     

    ________________________________________

    正しい姿勢とからだの動き

     

    堅めの椅子に 浅く腰掛け、膝より太股の付け根が、やや高くなるように

    座布団などで椅子の高さを調節して下さい。

     

    脚は左右の脚の間に、拳2コ位が入る程度にひろげて下さい。

    肛門の前、約4僂僚蠅鵬餘△箸いΕ張椶あります。

     

    この会陰のツボを椅子に押しつけるようにして座ると、骨盤が起き、

    背筋が伸び丹田(恥骨上際)に重心が掛かってくるのがわかると思います。

     

    左右の膝の内側が軽く触れる様に、膝をしめる拇指球(外反母趾になる関節)

    に重心が掛かり踵が浮き、いま下半身、全体を使って上半身をしっかり支えて

    いることがわかると思います。

     

    この姿勢を、崩さないようにして静かに立ってみて下さい。

    いま丹田に重心があり、全体重を拇指球、膝下太ももの内側筋、臀筋、腹筋、

    背筋が緊張し肛門がしまった感じがあると思います。

     

    この正しい姿勢で座っているだけ、立っているだけの日々の生活が

    下半身、腹筋、背筋の運動になっています。

    歩く時のは、歩幅を今より5〜10儿くして歩けば、

    筋肉を使った歩き方になります。

     

    身体が正しい姿勢を覚えるまでは、拇指球、膝下太ももの内側、

    丹田で身体を支えていることを、意識しながら歩いて下さい。

     

    正しい姿勢で「立つ・歩く・座る」ことは誰にでも出来る簡単な

    ことではありますが、1日正しい姿勢で生活することは、

    かなりの運動量になります。

     

    無理をしないよう少しずつ時間をのばし頑張って続けて下さい。

    3ヵ月もすると若い身体の動きになっていると思います。

     

     (井手 英善)

    | 【匠の言葉】 NEW! | 15:33 | comments(0) | - |
    匠の言葉… 堤 公博 先生 づ朕△┐僚猗、苗半作。
    0

      New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

       

      ____________________________________________________________

      (堤 公博 先生 プロフィール)

      米づくり農家。米・食味鑑定士。九州 米粉食品普及推進協議会会長。
      水田・環境鑑定士。食育デザイナー。有機農業アドバイザー。

       

      ◆スローフードで有機農業。食の安全性の推進。農業の6次産業化推進。
      健康食・介護食・子供の食育推進。就農者への実践・研修推進など。

      ________________________________________________________________________

      ※あぜんの雑穀を、長年作って頂いています。農作物を作るのに大切なのは、土作りです。

       年月を掛けて土を育てていく様子や、畑のこと、食に関することを、お話し頂きます。

       

       

      田植えの準備が 始まりました。 

      種まき機で 約 800枚の 種まき、 

      9,000坪の 田んぼ用です。

       

       

      苗床に 1枚ずつ伏せていきます。 

      大変 重労働でした。 

       

      1週間程で 芽が出ます。 

      25cmほどまで 育てます。 

      35日ほどかかります。 

       

       

      苗半作と言って 丈夫な苗を育てると、 

      米作りは半分出来た…と言う意味です。 

       

      田植えの予定は6月27日ぐらいです。 

      田植え準備の様子は又…。

       

      (堤 公博)

      | 【匠の言葉】 NEW! | 12:43 | comments(0) | - |
      匠の言葉… 井手 英善 先生 じこり、腰痛、膝関節痛は 姿勢の不良から
      0

        New!【 匠の言葉あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

         


        ____________________________________

        (井手 英善 先生 プロフィール)

        かんぽう堂 はり灸食養道場 院長

        はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

        脉鍼流経絡治療鍼灸師。

        食養療法処方師。

         

        1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

        1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
            東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

        1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
            食養療法を6年間学ぶ。

        2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

         

        ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

           私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

           送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

         身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。
        ________________________________________

         

        筋力が低下すると、姿勢が悪くなり、肩こり、腰痛、膝関節痛となります。

        人間はほかの動物から、襲われる心配の無ない住居を持ち、

        餌を求め、毎日動き回る必要も無なく、安心安全な生活に慣れ、

        野生動物が生きるため、毎日餌を求め、あるいは敵から身を守ために

        使っている筋肉を使っていません。

         
        人間も野生本能を持って生まれ、中高校生ぐらいまでは野生動物と

        同じ筋肉を使って生活をしていますが、安心安全な生活を続けているうちに、

        筋力を使わない「楽な立ち方・歩き方・座り方」を自然に身体が覚え、

        これが筋力を低下させているものと考えます。

        測定を見ると、このことが良くわかります。

         
        子供の足は、野生動物と同じように素速い動きが出来るように、

        身体の重心が前にあるため、足先が肉厚で発達しています。

        とっさの動きに弱い、中高年の足は重心が後ろにあるため、

        踵が硬く肉厚になっています。
         

        踵に重心をおいた立ち方は、骨を中心に立っていますから

        ほとんど筋肉は使っていません。

        そのため、「足・お腹・お尻」の筋肉はゆるみ、背中は丸くなっています。

         

        足先に重心をおいて立つと、足全体の筋肉が緊張し、

        「お腹・お尻」の筋肉は引き締まり、背筋が伸び良い姿勢になります。

         

        この重視を前においた正しい「立ち方・座り方・歩き方」で生活すれば、

        毎日1時間のスポ−ツジムでの運動やウォ-キングを上回る運動量となります。

         

        膝の手術を予定していた患者さんが、重心を前におく正しい身体の動きに

        変えたら、手術もせず、膝の痛みがとれました。

         

        健康生活をおくるため、

        皆様には重心を前におく身体の動きにされることをお勧めします。

         

        (井手 英善)

         

         

        | 【匠の言葉】 NEW! | 13:44 | comments(0) | - |
        匠の言葉… 堤 公博 先生 ボカシ肥料作り
        0

          New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

           

          ____________________________________________________________

          (堤 公博 先生 プロフィール)

          米づくり農家。米・食味鑑定士。九州 米粉食品普及推進協議会会長。
          水田・環境鑑定士。食育デザイナー。有機農業アドバイザー。

           

          ◆スローフードで有機農業。食の安全性の推進。農業の6次産業化推進。
          健康食・介護食・子供の食育推進。就農者への実践・研修推進など。

          ________________________________________________________________________

          ※あぜんの雑穀を、長年作って頂いています。農作物を作るのに大切なのは、土作りです。

           年月を掛けて土を育てていく様子や、畑のこと、食に関することを、お話し頂きます。

           

           

          【 我が家の米つくり 基本 】 

           

          ●ぼかし肥料作り開始 

           

            米ぬかをベースに油粕 

            魚かす

            カニ殻

            土着菌 

            ヨーグルト菌 

            納豆菌

           

          これらを加えて、発酵させます。

           

           

          3週間〜1ヵ月、発酵熟成して完成です。 

           

          田んぼも、田植えの準備中です。

           

           

          ( 堤 公博 )

          | 【匠の言葉】 NEW! | 13:53 | comments(0) | - |
          CALENDAR
          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          24252627282930
          << June 2018 >>
          SELECTED ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          RECENT COMMENT
          モバイル
          qrcode
          PROFILE