あ ぜん JAPAN ブログ KYOTO〜NEW YORK

ZENのこころ一筋に、日本から世界へ
匠の言葉… 井手 英善 先生 花粉症になる現代人・ならない原始人
0

    New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

     

    ___________________________________

    (井手 英善 先生 プロフィール)

    かんぽう堂 はり灸療院 食養指導 院長

    はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

    脉鍼流経絡治療鍼灸師。

    食養療法処方師。

     

    1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

    1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
        東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

    1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
        食養療法を6年間学ぶ。

    2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

     

    ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

       私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

       送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

     身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

    ___________________________________

     

    「花粉症になる現代人・ならない原始人」

     

    120日の(大寒)をすぎると、花粉症の人にとっては

    厄介な季節になります。

     

     しかし、昔ながらの食生活を送っていた、

     昭和30年代 初期の頃までには、一人も花粉症の人はいませんでした。

     

     花粉症は、昭和36年 栃木県で初の患者が発見され、

     この頃からアレルギー病や、その他の現代病が急増しています。

     

     つらい花粉症の症状をとるために、

     新薬が開発されてはいますが 決め手はなく、

     花粉症患者は 増加するばかりです。

     

    花粉症が現れた、昭和30年代中半すぎ、

    日本の食事は大きく変わっています。

     

     作物は、自然農法から化学農法、ハウス野菜へと変わっていきました。

     

    生活の向上によって、各家庭に冷蔵庫が入り、

    添加物入りの保存食品、化学調味料、安価になった砂糖の

     摂取量の増加、食の洋風化によって動物性食品と揚げ物・

     炒め物など油の摂取の増加など、この食べ物の変化が

     花粉症に大きく変わっているものと思います。

     

    これに、昭和40年代後半から 日本人の米離れがはじまり、

    ご飯の摂取量の減少と比例し、体力も低下しています。

     

     この体力の低下も、病気の快復力を落としているものと考えます。

     

    花粉症を治すには、発症以前の昭和30年代 初期の自然の食材、

    主食中心の純和食、砂糖なしの食事に戻すことが、

     花粉症を治す何よりの手立てだと思います。

     

     切れの良い、山吹色の便が毎日出るような食事が、

     自分の体質にあった正しい食事です。

     

     このような、健康便が毎日出るようになれば病気は必ず改善します。

     

      (井手 英善)

     

     

    | 【匠の言葉】 NEW! | 09:00 | comments(0) | - |
    匠の言葉… 井手 英善 先生 ガン検診よりも、ガンにならない生活
    0

       New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

       

      ___________________________________

      (井手 英善 先生 プロフィール)

      かんぽう堂 はり灸療院 食養指導 院長

      はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

      脉鍼流経絡治療鍼灸師。

      食養療法処方師。

       

      1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

      1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
          東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

      1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
          食養療法を6年間学ぶ。

      2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

       

      ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

         私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

         送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

       身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

      ___________________________________

       

      「ガン検診よりも、ガンにならない生活」

       

      医療は日々、進歩していると言われているのに、

      ガンは日本人の死亡原因の1位で、40年間 変わっていません。

      統合医療にシフトした他の先進国では、ガンは減少しているのに

      日本人だけが、今も増え続けています。

       

      病気と食べ物のことについて、世界規模で調査したものに

      マクガバンレポ−ト(アメリカ上院栄養問題特別委員会報告書)があります。

      ここには、「ガンを含む・心臓病・糖尿病・その他の現代病」は

      食べ物が原因と言っています。

       

      そして、日本では幕末の頃(150年前)までさかのぼれば、

      現代病と言われる病は世界にはなかったと言っています。

       

      日本で記録に残っている所では、昭和20年の終戦時、

      ガンは死亡原因の6位であったものが、

      農業は自然農法から化学農法に変わり、ガンが増加。

       

      昭和39年の東京オリンピック頃には各家庭に冷蔵庫が入り、

      保存食(添加物食品)の急増と食の洋風化によって、

      さらにガンは増加、昭和53年にガンが日本人の死亡原因の第1位となってから、

      現在も増え続けています。

       

      ガン検診で、どんなに健康を管理しても、自然に逆らった食べ物を摂っていては、

      ガンから逃れることは難しいのではないかと思います。

       

      「自然食・純和食・主食中心」の食事を摂っていた、

      昭和30年頃の食事に戻すことが「がん・その他の現代病」に

      ならないことだと思います。

      ( 井手 英善 ) 

      | 【匠の言葉】 NEW! | 11:21 | comments(0) | - |
      匠の言葉… 堤 公博 先生 稲刈り、収穫の時。
      0

        New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

         

        _______________________________________________________________

        (堤 公博 先生 プロフィール)

        米づくり農家。米・食味鑑定士。九州 米粉食品普及推進協議会会長。
        水田・環境鑑定士。食育デザイナー。有機農業アドバイザー。

         

        ◆スローフードで有機農業。食の安全性の推進。農業の6次産業化推進。
        健康食・介護食・子供の食育推進。就農者への実践・研修推進など。

        _________________________________________________________________

        ※あぜんの雑穀を、長年作って頂いています。農作物を作るのに大切なのは、土作りです。

         年月を掛けて土を育てていく様子や、畑のこと、食に関することを、お話し頂きます。

         

        ● 今年の高温にも耐え、元気に育った稲。今日から刈取りさせて頂きます。

         

         

        ●コンバインで収穫した、もみをトラックに入れる。

         

         

        ●刈取ったもみを、乾燥機に入れ、水分15%まで乾燥します。
        やっとこさ 稲刈りが、済みました。

        仕上げを 2週間ほどで終えれば、

        今年の 稲との関わりが 終わります。

        猛暑、水不足、台風、今までにない年でした。 

        自然の力の無限さ、人間の力なさを、今年は感じました。

        植物は環境に逆らわず生きていきますが、人間はそうはいきません。 

        時間の流れが速すぎます。

        もっとゆっくりと呼吸をして、

        自然に生かされる 自分でいたいですね。

         

        ( 堤 公博 )

        | 【匠の言葉】 NEW! | 09:07 | comments(0) | - |
        匠の言葉… 井手 英善 先生 家族の健康は、台所をあずかる主婦の腕に…。
        0

          New!【 匠の言葉あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。 

           

          ___________________________________

          (井手 英善 先生 プロフィール)

          かんぽう堂 はり灸療院 食養指導 院長

          はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

          脉鍼流経絡治療鍼灸師。

          食養療法処方師。

           

          1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

          1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
              東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

          1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
              食養療法を6年間学ぶ。

          2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

           

          ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

             私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

             送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

           身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

          ___________________________________

           

          家族の健康は、台所をあずかる主婦の腕に…。

           

          今、病気の90%は 生活習慣病であると言われています。

          なのに、病気になったら 生活を振り返ることはせず、すぐ病院へ。


          家族が 病気になるような身体を、自分が作った食事に何か誤りが

          あるのではないかと、目を向けるお母さんは あまりいないようです。

           

          先日、S 10歳が アレルギー性 結膜炎と、皮膚炎で 6年間病院に通い

          治療を受けましたが、良くならず本院に来院されました。

           

          目の症状は、真っ赤で光が眩しく、目を開けるのがつらい。

          皮膚の症状は、ガサガサで、蚊に刺されやすく、かぶれる。

          皮膚が弱いので、何年もプ−ルに入ったことがない。

           

          お母さんのとった行動は、良い医者を求めて病院を巡り、

          テレビや雑誌で見た、サプリなどを 色々試してこられたようでした。

           

          私は、身体をつくっている食べ物の 重要性をお話し、

          これまでの食生活を改め、人間の歯の形に合わせた食べ方、

          穀類10、野菜4、肉2 の 割合で 摂っていただきました。

           

          約1ヶ月後の身体は、2〜3日に1回しか出ていなかった便が、

          1日に2〜3回出るようになり、アレルギー性結膜炎はほとんど良くなり、

          酸っぱい臭いの酸化した身体からは、臭いが取れ、

          皮膚のザラザラも取れて、蚊にさされにくくなりました。

           

          薬で 病気は治りません。

          自然治癒力を高め、病気を治せる身体をつくるのは食べ物です。

           

          台所をあずかる主婦は「一家の主治医」という自覚を持って、

          食事づくりをして欲しいと、私は思っています。

           

          (井手英善)

          | 【匠の言葉】 NEW! | 09:00 | comments(0) | - |
          CALENDAR
          S M T W T F S
               12
          3456789
          10111213141516
          17181920212223
          2425262728  
          << February 2019 >>
          SELECTED ENTRIES
          CATEGORIES
          ARCHIVES
          RECENT COMMENT
          モバイル
          qrcode
          PROFILE