あ ぜん JAPAN ブログ KYOTO〜NEW YORK

ZENのこころ一筋に、日本から世界へ
<< 2018年7月19日(木) | main | 匠の言葉… 堤 公博 先生 田植えの準備、苗の植付け。 >>
匠の言葉… 井手 英善 先生 続編 肩こり、腰痛、膝関節痛は不良姿勢から
0

    New!【 匠の言葉あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

     

    ________________________________________

    (井手 英善 先生 プロフィール)

    かんぽう堂 はり灸食養道場 院長

    はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

    脉鍼流経絡治療鍼灸師。

    食養療法処方師。

     

    1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

    1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
        東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

    1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
        食養療法を6年間学ぶ。

    2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

     

    ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

       私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

       送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

     身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

    ________________________________________

    正しい姿勢とからだの動き

     

    運動を生活の一部にして、筋力の保持・増進のため

    柱・窓・床ふき体操(1日5〜10分程度)

     

    ・しっかり腰を落とす

    ・背伸び

    ・つま先立ちして、柱や窓を拭く

    ・膝、踵を付けないで床を拭く

     

    *生活に必要な筋肉が鍛えられます。

     

    仕事の合間、テレビを見ながら気分転換に 腰掛け、背伸び体操(2〜3分)

     

    椅子に浅く腰掛け、背もたれに背をもたせ、左右の足首を組み、

    下腹部を突き出す。(エビ反りするように)

    力を入れて、背伸び(6秒間保持)組み足を変えて数回行う。

     

    *背筋・腹筋・骨盤底筋・内転筋が鍛えられ

    「腰痛・便秘・尿漏れ・O脚・膝関節痛の予防治療となります。

     

    壁押し体操(1〜2分)

    立ったまま、腕立てをするように両手を

    壁につける、膝を曲げ、姿勢を落とす。

    一方の足を後ろに引き、膝を伸ばし、

    踵が少し浮く位まで引く。背筋を伸ばし

    壁を押し、踵が床に付くようアキレス腱を伸ばす、

    30秒間保持)

     

    第二の心臓とも言われる、ふくらはぎを刺激して、全身の血流を盛んにし、

    首・背・腰のこり、緊張を取り、股関節、膝関節、足関節の動きや

    バランス感覚が良くなり、転びにくくなります。

    トイレの度に、(左右1回)行って下さい

     

    運動が生活の一部になるよう習慣づけ、続けることがなにより大事です。

    意識を持って生活することで、戸籍年齢60歳の時の肉体年齢は、

    52歳と若くなり!何もしないと肉体年齢は68歳に・・・

    年齢が高くなるほど肉体年齢の差が大きくなります。

     

    今日から出来る範囲で一つずつ取り入れ、健康生活を送って下さい。

     

    ( 井手 英善

    | 【匠の言葉】 NEW! | 11:11 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE