あ ぜん JAPAN ブログ KYOTO〜NEW YORK

ZENのこころ一筋に、日本から世界へ
<< 2018年8月10日(金) | main | 2018年8月11日(土) >>
匠の言葉… 井手 英善 先生 噛まないと、食べ物はみんな 「毒」
0

    New!【 匠の言葉あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。 

     

    ________________________________________

    (井手 英善 先生 プロフィール)

    かんぽう堂 はり灸療院 食養指導 院長

    はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

    脉鍼流経絡治療鍼灸師。

    食養療法処方師。

     

    1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

    1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
        東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

    1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
        食養療法を6年間学ぶ。

    2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

     

    ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

       私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

       送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

     身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

    ________________________________________

     

    噛まないと、食べ物はみんな 「毒」

     

    食べ物は、スギ花粉と同じ…!

    噛まないと、食べ物は異物で、身体にとっては「敵」、

    良く噛むことで 酵素的に分解して、血となり肉となり、

    身体をつくり、異物や添加物などを 無毒化しています。
     

    噛んでしっかり、唾液を出さないと 本当の消化は出来ません。
    魏志倭人伝をもとに、古代食を再現し食べてみると

    1食の食事時間は、約1時間、咀嚼回数は 4,000回
    現代人の咀嚼回数は 600回。

     

    現代人は噛まないために、子供ではアゴが発達しない、

    頭部の血流が悪い。
     

    子供のアゴは小さいために、永久歯が生えるスペ−スがなく、

    歯を何本も抜いたり、頭部への血流量が少ないために、

    視力・能力が低下している。

    (能力の低下は、世界小学校学力テストで明らか)
     

    これは、噛まない食事を与えた、お母さんの責任。
    身体の中で、エネルギ−を消費する脳に血液が足りないと

    いうことは、成人の認知症にも大きく関わっていると思います。

     

    ・良く噛めば歯が丈夫になる

    ・肌や血管が若返る

    ・食べ物を消化、分解、解毒する

    ・免疫力アップ

     

    また良く噛めば、適量食べるようになり、

    食べ過ぎる事はありません。
     

    病気健康に不安のある方は、今日から一口 100回、

    良く噛んで 身体の変化を観察して見て下さい。
     

    必ず変わります。

     

     (井手 英善)

    | 【匠の言葉】 NEW! | 16:21 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << December 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE