あ ぜん JAPAN ブログ KYOTO〜NEW YORK

ZENのこころ一筋に、日本から世界へ
<< 2018年10月27日(土) | main | 匠の言葉… 井手 英善 先生 ガン検診よりも、ガンにならない生活 >>
匠の言葉… 堤 公博 先生 稲刈り、収穫の時。
0

    New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

     

    _______________________________________________________________

    (堤 公博 先生 プロフィール)

    米づくり農家。米・食味鑑定士。九州 米粉食品普及推進協議会会長。
    水田・環境鑑定士。食育デザイナー。有機農業アドバイザー。

     

    ◆スローフードで有機農業。食の安全性の推進。農業の6次産業化推進。
    健康食・介護食・子供の食育推進。就農者への実践・研修推進など。

    _________________________________________________________________

    ※あぜんの雑穀を、長年作って頂いています。農作物を作るのに大切なのは、土作りです。

     年月を掛けて土を育てていく様子や、畑のこと、食に関することを、お話し頂きます。

     

    ● 今年の高温にも耐え、元気に育った稲。今日から刈取りさせて頂きます。

     

     

    ●コンバインで収穫した、もみをトラックに入れる。

     

     

    ●刈取ったもみを、乾燥機に入れ、水分15%まで乾燥します。
    やっとこさ 稲刈りが、済みました。

    仕上げを 2週間ほどで終えれば、

    今年の 稲との関わりが 終わります。

    猛暑、水不足、台風、今までにない年でした。 

    自然の力の無限さ、人間の力なさを、今年は感じました。

    植物は環境に逆らわず生きていきますが、人間はそうはいきません。 

    時間の流れが速すぎます。

    もっとゆっくりと呼吸をして、

    自然に生かされる 自分でいたいですね。

     

    ( 堤 公博 )

    | 【匠の言葉】 NEW! | 09:07 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE