あ ぜん JAPAN ブログ KYOTO〜NEW YORK

ZENのこころ一筋に、日本から世界へ
<< 2018年12月1日(土) | main |
匠の言葉… 井手 英善 先生 花粉症になる現代人・ならない原始人
0

    New!【 匠の言葉 】あぜんに関わりのある、匠たちのメッセージをお届けします。

     

    ___________________________________

    (井手 英善 先生 プロフィール)

    かんぽう堂 はり灸療院 食養指導 院長

    はり師。きゅう師。マッサ−ジ師。

    脉鍼流経絡治療鍼灸師。

    食養療法処方師。

     

    1981年 佐賀県鹿島市能古見にて鍼灸院開業。

    1982年 脉鍼流経絡治療鍼灸術、技術習得の為、
        東洋はり医学会東京本部にて、研修研究部で10年学ぶ。

    1986年 熱海断食道場にて、大森英櫻先生、牧内泰道先生の元、
        食養療法を6年間学ぶ。

    2005年 佐賀県 食育推進委員会、初代 食育推進委員。

     

    ◆東洋医学を生活に生かす、勉強会を道場にて開催。

       私は、経絡治療鍼灸術と食養療法で健康を管理し、40年間薬しらずの健康生活を

       送っています。これまで、行ってきた東洋医学の考えに添った生活と治療室で患者様の、

     身体を通して見える、健康情報を お届け出来たらと思います。

    ___________________________________

     

    「花粉症になる現代人・ならない原始人」

     

    120日の(大寒)をすぎると、花粉症の人にとっては

    厄介な季節になります。

     

     しかし、昔ながらの食生活を送っていた、

     昭和30年代 初期の頃までには、一人も花粉症の人はいませんでした。

     

     花粉症は、昭和36年 栃木県で初の患者が発見され、

     この頃からアレルギー病や、その他の現代病が急増しています。

     

     つらい花粉症の症状をとるために、

     新薬が開発されてはいますが 決め手はなく、

     花粉症患者は 増加するばかりです。

     

    花粉症が現れた、昭和30年代中半すぎ、

    日本の食事は大きく変わっています。

     

     作物は、自然農法から化学農法、ハウス野菜へと変わっていきました。

     

    生活の向上によって、各家庭に冷蔵庫が入り、

    添加物入りの保存食品、化学調味料、安価になった砂糖の

     摂取量の増加、食の洋風化によって動物性食品と揚げ物・

     炒め物など油の摂取の増加など、この食べ物の変化が

     花粉症に大きく変わっているものと思います。

     

    これに、昭和40年代後半から 日本人の米離れがはじまり、

    ご飯の摂取量の減少と比例し、体力も低下しています。

     

     この体力の低下も、病気の快復力を落としているものと考えます。

     

    花粉症を治すには、発症以前の昭和30年代 初期の自然の食材、

    主食中心の純和食、砂糖なしの食事に戻すことが、

     花粉症を治す何よりの手立てだと思います。

     

     切れの良い、山吹色の便が毎日出るような食事が、

     自分の体質にあった正しい食事です。

     

     このような、健康便が毎日出るようになれば病気は必ず改善します。

     

      (井手 英善)

     

     

    | 【匠の言葉】 NEW! | 09:00 | comments(0) | - |
    コメント
    コメントする









    CALENDAR
    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    28293031   
    << July 2019 >>
    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENT
    モバイル
    qrcode
    PROFILE